みんな幸せになれるイベントにしよう

結婚が決まると今度は式を挙げる結婚式場をどこにするのか、またいつ決めるかが気になります。
結婚されるのは二人ですが、当人同士だけで行うのではなく、お祝いをしたいと来る親族の方の参列もあるので、どのように準備を進めていけばよいのか、悩む場合があります。
式を挙げる時期については遠くから移動してくる方のことを考慮して、天候が荒れることがない時期を選び、年末年始などの忙しい時期を避ける必要があるので、時間を多く取って考えることが大切です。

結婚式場はいつ決める?挙式までのスケジュール

結婚式場はいつ決める?挙式までのスケジュール 結婚式場をいつ決めるかにはまず、参列する方の予定を把握しておくことが大切です。
そのため結婚式場を決めるために使う時間は準備期間もいれて平均では8.8ヵ月といわれていますが、一年前から式場選びをされる方も多く見られます。
式をあげる季節として台風が来る夏場や、雪が降って気温が下がる冬場よりも天候が荒れることがない春や秋を選ぶ方が多く、しかも吉日に式を挙げたいというカップルは多くいるので、早めに行動して式場を抑えると、ドレス選びも希望にかなったものをゆっくり選ぶことができるなど、ゆっくり準備が進められます。
具体的なプランができている、または都合で急いで式を挙げたいという場合、半年など短い時間で決めてしまうのもコストがあまりかからないという場合もあるのでよいのですが、二人だけではなく、お祝いをしてくださる方のことも考えなくてはいけないため、ゆとりをもってスケジュールを組むことが必要です。

結婚式場の空き状況はどうやって確認する?

結婚式場の空き状況はどうやって確認する? 結婚式場の見学を済ませて式場を選んだら、次は空き状況の確認が必要です。
ここで1つ覚えておいてほしいのが「結婚式場が早めに埋まってしまう日程」を知っておくことです。
具体的には「大安」や「土日」、そして「ハイシーズン」や「午前開始」です。
空き状況の確認方法はいくつかあります。
【1】結婚式場に直接連絡する。
この会場で結婚式をしたいという明確な希望がある場合は適しています。
空きを式場プランナーに相談できれば、空いてない場合にすぐ他の会場を探すなど時間のロスが少ないです。
ただし、複数の式場を検討している人には時間がかかり不向きです。
【2】結婚式場検索サイトを使う。
一括で式場の空きを調べることができるので、複数ある場合に便利です。
メールや電話相談で希望日程や条件を伝えると希望に合う会場を選んでくれます。
【3】結婚式相談カウンターを利用する。
結婚式場にまつわることをプロからアドバイスをもらえるので心強いでしょう。
特に何も決まってない状況から安心してお任せできます。
通いやすい場所にあれば便利です。
このように気に入った式場を見つけた後は、素早く空き状況を確認しましょう。
5月や10月または11月など気候が良い季節や、6月のように雨が多くてもジューンブライドに憧れる花嫁は多いので注意が必要です。

結婚式場について詳しく知りたい

神戸の結婚式場情報を調べよう